パックは肌を痛める

たまに行うとごっそりと汚れが取れて気持ちが良い鼻パックですが、繰り返し行うことでいちご鼻が悪化する可能性があります。まず何より鼻パックは肌を痛める可能性が高いです。強い粘着性があるため、剥がす際に痛みを感じる人も中にはいるかもしれませんが、シートを剥がす際に汚れた角栓だけでなく、毛穴の表面まで一緒に剥がしてしまいます。
そうなると、使用すれば使用するほど毛穴が開くことになり、肌の表面が痛んでしまうのです。肌にガムテープを貼り付けて剥がせば当然痛みを感じ、肌も荒れることになります。こういったことを行う人はまずいないでしょうが、鼻パックはこれと同じようなことを行っていることになるのです。
とはいっても、シートを剥がした後に鼻に詰まった汚れが取れ、見た目的にもきれいになるという人もいるかもしれません。しかし、それは一時的なもので、毛穴が開くということは、また汚れがすぐに溜まるということにも繋がります。
そうなるといちご鼻は改善するどころか、見る見るうちに悪化していきます。実際に私も鼻の角栓に悩み、一時期よくパックを行っていましたが、良い状態なのはパックを行ったその日だけで、数日も経つとまたあっという間に毛穴に汚れが溜まっていました。アフターイーラボ

パックは肌を痛める